諏訪湖の絶景が楽しめる展望そば屋「そば処 登美」信州諏訪

銘酒「真澄」で有名な宮坂醸造から霧ヶ峰に上がる道を進むと、県のサンセットポイント100選にも選定されていて、諏訪湖を中心に諏訪盆地や、遠く北アルプスや南アルプスが一望できる「立石展望公園」の近くに「そば処 登美」があります。

2015_0207_105802-P1060382

玄関で靴を脱ぎ、奥に進むと壁面いっぱいの大きな窓の下に広がる、山々に囲まれた諏訪湖の絶景が、目に飛び込んできます。夏にはこの諏訪湖で大花火大会が行われるのであるが、その時には予約で満席とのこと。

2015_0207_105946-P1060386

季節によって北海道産と八ヶ岳産のそば粉を使い分ける手打ちそばのおすすめは天ざる。天ぷらは駕籠盛りではなく綺麗に皿に盛り付けられて供されるのが特徴です。少し中細麺の蕎麦はしっかりとしたコシがあり、喉越しも蕎麦本来の味わいが感じられる。

2015_0207_111213-P1060390

おろし蕎麦も大根おろしに負けない蕎麦である。

2015_0207_111219-P1060391

突き出しで出された大根の煮付けは味がよく染みて美味でした。

木曽路で見つけた薮原宿にある蕎麦屋の名系譜『達磨・翁G』そば おぎのや

中山道屈指の難所、鳥居峠をようよう越えた旅人が、わらじをぬいで安堵したであろう「薮原宿」に、白漆喰の塗り壁に檜皮色の千本格子、「出梁造り」に「袖うだつ」と宿場独特の建築様式を残した140年前は旅籠であった風格ある古民家を改装したのが、あのそば打ち名人・高橋邦弘氏に師事した「おぎのや」である。

16-01-08-12-05-51-482_photo

そば屋の門をくぐり、靴を脱いであがった店内には、お店の中の中央にいろりがあり、高い天井には明かり取り、階段箪笥も残っていて江戸時代の旅人が寛いだ空間を感じます。さりげなく師匠のダルマこと高橋邦弘氏の写真や本が飾られており“翁達磨グループ”のおそば屋さんなのですが、珍しく翁の名前を使っておられません。

16-01-08-12-08-31-501_photo

いろりの前に座り蕎麦をいただくのですが、基本的に蕎麦ももり汁も翁の蕎麦らしく、二八のすっきりとした綺麗で素直な細切りにカツオ風味のもり汁が絡み素直の喉を通っていきます。最後にゆず(梅の時もあり)シャーベットがサービスでいただけ至福の時間が過ごせます。ざる1枚700円で2枚が適量でおすすめとあります。1400円でこの量と思ってしまう程ですが、しっかりと 打たれたそばは、香りよし、コシあり、喉越しよしのすっかりとしたおそばです。他の翁Gより、色めが濃いように感じる。

16-07-19-12-28-59-750_photo

常時あるものの冬には鴨汁そばが最高です。

16-01-08-12-21-40-181_photo

 

 

JAZZを聞きながら蕎麦をたぐる粋な店 信州軽井沢「せきれい橋 川上庵」

中軽井沢のハルニレテラス内にある「せきれい橋 川上庵」は季節毎に色を変える木々に包まれた、いわば森の中のそば処。かつて江戸庶民たちが愛した「蕎麦屋酒」は、気の利いた肴で地酒をたしなみ、そばで締めるという粋な時間の過ごし方のこと。

2014_0607_112915-P1040926

川上庵のコンセプトとする「現代版蕎麦屋酒」を豊かな自然の中で堪能することができます。

戸外の気配が感じられる広々とした店内は、浅間山の石を用いた壁面などインテリアにもこだわりが伺えます。また中軽井沢のハルニレテラス内にある店舗を囲むように配されたテラス席は、湯川のせせらぎがBGMとなって心地よい。

2014_0607_113024-P1040927

川上庵の蕎麦は挽きぐるみされた香り高く風味のある粗挽きそばには信州の日本酒がよくあいます。         

2014_0607_113227-P1040928

ワキガ専用のデオドラント剤
ノアンデの口コミや最安値情報が掲載されているサイトです。
>>ノアンデの詳細を紹介

熟練の技で打つ昔ながらの100%霧下そばが味わえる 信州信濃町「手打ちそば工房 若月」

北信五岳のひとつ、黒姫山の東麓に広がる黒姫高原はうまいそばの代名詞「霧下そば」の産地です。朝夕の寒暖差が大きく、朝晩に霧が発生するような気象条件がそばの香りを強め、甘味を増し、さらに栄養価を高めるのです。加えてやせた土地というのがあり、「信濃では月と仏とおらが蕎麦」と詠まれるゆえんです。信濃町に来たら冷たい水でしめた本家本元の霧下そばを是非たべたいものです。

お隣の戸隠と比べるとその差は歴然、その味をフルに楽しむだけのそば店の絶対数が少ないのです。そんな中、確かな熟練の技でうつそば店が「手打ちそば工房 若月」です。国道18号から看板をたよりに住宅街の奥に車を走らせるちょっとわかりづらい場所にあります。

16-07-07-11-08-55-731_photo

もともと打ち方を教えるそば工房としてスタートしたのだが要望にこたえる形で出したそば店の店内はテーブル席3卓と小上がりの座敷席になります。

16-07-07-11-09-38-394_photo

店主がこだわる霧下そばは、玄そばを使う分だけ製粉した100%そば粉のみの生粉打ちで、やや細打ちでシャキッとした歯ごたえが心地よく、噛みしめた瞬間、甘味と香りが口いっぱいに広がります。一人前でもボリュームがあり、甘味のあるもり汁との相性もよい。なんといってもエッジのきいた断面に確かな技術を感じます。

16-07-07-11-22-30-390_photo因みにここの自家製漬け物は箸やすめに最高です。お土産にどうぞ!

16-07-07-11-12-41-288_photo                        2016/7/7 入店

信州上田城の近く、上田市民に愛されるそば店 信州上田「やぐら亭」

真田氏の居城として名を馳せた信州上田城が建てられたところは、昔千曲川沿いの断崖絶壁/尼ヶ淵と呼ばれていたところです。現在は川は無く県道が走り、その向かいにお店があります。

16-02-05-11-30-20-876_photo

広めの駐車場もり、団体客も入ることのできる人気店ですのでお昼には早めにでかけることが重要です。店内はカウンターにテーブル席、小上がり席とありますが、相席も仕方ないほど大勢 人が来られます。

上田のそば屋さんは「刀屋」「草笛」と安くて美味しくかつそばにボリュームのあるお店が多く、この「やぐら亭」も安くてボリュームのあるそば屋さんです。お隣の東御市に自家栽培のそば畑を持ち、その畑で採れたこだわりの蕎麦を挽きたて、打ちたて。茹でたてで出してくれる、信州そば切り認定のお店です。つゆは少し甘めですが細切りのコシの強い二八そばによく絡まり楽しめます。つゆをそばの上からかけるぶっかけそばが人気なのもわかります。

16-02-05-11-41-38-673_photo

おすすめは平日限定の「そば定食」です。もりそばに野菜天、サラダ、小鉢、香の物、果物がセットになって1150円はお得です。そば猪口がお吸い物のお椀のようで少し戸惑います。そば湯もトロリ系でもり汁との相性も良く美味しい。上田市民に愛されるお店です。

お茶の間感覚の本格手打ち蕎麦屋 信州松本「そば処 井川城」

住宅街の細い道沿いにポツンと建つ木造家。目立つ看板も幟もなく、ここが評判の手打ち蕎麦屋と戸惑ってしまうほどのお店です。もともとそば道場として開いていた店のため、静かな住宅街の中にあります。

16-06-14-11-22-06-687_photo木戸を開けると正面にオープンキッチン、手前にテーブル席のある家庭的な雰囲気の店内。そこでいただくそばは、つなぎなしの上質な蕎麦粉だけで作る「十割そば」御膳粉(さらしな粉)だけで作る真っ白な「大名そば」そして二八そばと違いがわかるそば3種です。一種類だけ食べることも、二種、三種と食べれるセットがあります。

16-06-14-11-17-18-392_photo

おすすめは強い香りが美味しい十割そば。しかし最初に石臼で蕎麦の実を挽いた蕎麦粉を使うそばがきが出されます。ここでそばの風味を感じてみてください。

16-06-14-11-29-49-909_photo

コシがあって香り高い十割そばには、絡みやすい上等の濃いめのそばつゆが相性よく、そばの香りを殺すことなくつゆの香りは控えめです。最初の一口はアンデス産の紅塩とすすめられます。そばの香りと甘い旨みが引き立てられ美味い。

16-06-14-11-31-05-082_photo (1)

最後にお茶請けとして「そば大福餅」がサービスされます。皮に蕎麦粉を使い、クルミ入りの白餡との相性もよく、甘すぎない味わいが魅力です。これで蕎麦三昧の940円に大満足でした。

地粉100%の香り高い本格そば 飯綱町「そば処 よこ亭」

国道18号から飯綱高原へ入った県道長野・信濃町線沿いの高台に建つ「そば処 よこ亭」は、山里風景を足元に眺めながら本格手打ちそばが楽しめる食の名所。場所の地籍が横手なのでよこ亭と名付けられたお店です。玄関脇の水車が里山の風情を醸しだし、白壁に茶色の腰壁と落ち着いた和風の建物です。7月に入るとお店の前の道路沿いにはブルーの紫陽花が美しく咲き誇ります。

2015_0710_115539-P1080373

入口から靴を脱いで席に着くと大きな窓からは牟礼ののどかな風景が見渡せます。

2015_0710_115712-P1080374

香り高い飯綱町牟礼の高品質な地粉を、地元の打ち手たちが丹精込めて打つ二八そばは、そばの風味はもちろん、独特の甘味があるのが特徴で、香り高く、コシが強いと評判です。すっきりと濃い味のつゆも自慢のひとつでそばにマッチしています。盛りの多さもあって
かなりの満足感が得られるので、平日でも遠方からお客が押し寄せていますよ。

2015_0710_120831-P1080377

 

信州味噌ととろろの絶妙なバランス 信州松代「日暮し庵」

信州真田十万石の城下町松代に江戸時代の旧家を再生した蕎麦屋があります。六代藩主幸弘のもと奇跡的な藩政改革を行い「日暮し硯」を残した家老恩田杢民親の弟・民格の屋敷であったことから「日暮し庵」と名付けられたお店です。

16-06-04-13-58-02-381_photo

旧家を再生しただけに木の温もりが感じられる店内は、奥と中央にカウンター席と窓辺に2卓のテーブル席のほか、庭を眺める御座敷もあります。

16-06-04-13-57-31-027_photo

松代の名物といえばなんといっても「長芋」。千曲川の河川敷は長芋の生産に適していて、やはりおすすめは、長芋の繊維を潰さないよう卸し金ですりおろし、信州味噌とダシで味付けした味噌とろろです。信州味噌の素朴な味わいがとろろによくあいます。

松代定食は、その味噌とろろに米・麦・そば米で炊いた麦飯、せいろそば、長芋の拍子切り醤油豆付き、香の物に杏のゼリーそして食後にコーヒーがついて1500円はお得です。他にもせいろそばに麦とろろ飯と香の物のそば定食も人気です。コーヒーは地元の松代焼のカップ&ソーサーで供される。松代焼の特徴は、素朴な形と淡い緑と青のグラデーション、信州の山並みを思わせる緑の美しい流し掛けが施されています。

16-06-04-13-39-04-433_photo

そばは透明感のある麺がほど良くコシがあり、シンプルなつゆがそばの風味を引き立てています。ヘルシーで滋養たっぷりのそばに麦とろろ飯は一度に二度楽しめる人気セットです。

モダンな店内でこだわりの蕎麦を味わう  松本「蕎 友月 SOBA DINING YU-ZUKI」

やまびこ道路で弘法山古墳を目指す並柳交差点近くに「蕎 友月」はあります。広い駐車場にこじんまりとした和風喫茶を思わせる建物の入口には、まさしく蕎麦屋のメニューが書かれた立て看板があります。植栽も含めてシックな外観も落ち着く風合いに仕上がっています。

友月2

お店の中はモダンなカフェスタイルになっていてBGMにはジャズが流れています。内装はアイボリーの壁に明るい木目調のカウンターとテーブルを配置し、チェアーはグレイと白に分けてアクセントに使っていて落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

友月1

国産石臼挽100%のそば粉、カツオ節の効いたダシ汁等食材にこだわったメニューは、せいろにつけとろ、つけ鴨、つけ豚辛との組み合わせメニューが多いがおすすめはかき揚げせいろ(1380円税別)です。車海老と野菜のかき揚げとせいろ蕎麦のセットである。せいろは信州八ヶ岳産国産石臼挽きの二八蕎麦で挽きぐるみなのに更科のように雑味がなく、中細打ちでコシがあり、のど越しがよい。

友月

こういったお店と違いある程度の量があるのがうれしい。焼きネギの輪切りと車海老のかき揚げには特別な塩が用意されているのもうれしい。注文した際、かき揚げに少し時間がかかりますと言われたが、てんぷらにこだわりがあるようで美味しい。しかしちょっとネギが多いような?

横浜一茶庵・片倉英統主催のプロコースで修行されたようだが、短期間でのこの腕前に感心したのである。

わきがクリームの最新人気ランキングを掲載
わきがでお悩みの方に参考になるサイトです。
わきがクリーム塗るだけで簡単にわきが臭を解消できる

信州御代田町で発見!達磨翁グループ「浅間 翁」

そば職人・高橋邦弘氏率いる翁達磨グループのお店が御代田町の雪窓公園の向かいにオープンしたのである。主人は山梨県長坂町の「翁」をはじめ各店で10年間修行を積んでこの地で開店されたとのこと。これまでに「安曇野 翁」「おぎのや」「蕎麦 にしざわ」といった翁達磨Gを訪れていたのだが、このお店はどうであろうかと楽しみにやってきたのである。

2015-06-19-11-59-30_photo

雪窓公園の向かいにあって自然と調和した落ち着いた外観が目をひく。建築設計は「蕎麦 にしざわ」と同じ円コーポレーションで全体的な雰囲気はにしざわに近いものがあるように感じられる。広々とした店内は個室も2室設けてあり、テーブル席に小上がりの座席と用途はさまざまである。メニューに目を向けると、白目細打ちの「ざる」790円と黒目太打ちの「田舎」の840円の2種であるが、翁といえば二八です。

2015-06-19-11-32-37_photo

ざるは翁特有のこしがあり、喉越しも上々で、いわゆる二八の洗練された蕎麦という感じで、翁風といえば翁風の蕎麦なのです。これは翁の蕎麦を食べ歩くとわかります。最後に蕎麦湯をいただくも、これはとろとろの蕎麦湯で美味であった。因みに田舎は土日限定ですので注意してください。

2015-06-19-11-38-32_photo

軽井沢の喧騒から離れて是非立ちよっていただきたいお蕎麦屋さんです。

ピューレパールで
股の色素沈着を綺麗にする
http://www.tappenz.info/