お茶の間感覚の本格手打ち蕎麦屋 信州松本「そば処 井川城」

住宅街の細い道沿いにポツンと建つ木造家。目立つ看板も幟もなく、ここが評判の手打ち蕎麦屋と戸惑ってしまうほどのお店です。そんな「そば処 井川城」はもともとそば道場として開いていた店のため、静かな住宅街の中にあります。

16-06-14-11-22-06-687_photo木戸を開けると正面にオープンキッチン、手前にテーブル席のある家庭的な雰囲気の店内。そこでいただくそばは、つなぎなしの上質な蕎麦粉だけで作る「十割そば」御膳粉(さらしな粉)だけで作る真っ白な「大名そば」そして二八そばと違いがわかるそば3種です。一種類だけ食べることも、二種、三種と食べれるセットがあります。

16-06-14-11-17-18-392_photo

おすすめは強い香りが美味しい十割そば。しかし最初に石臼で蕎麦の実を挽いた蕎麦粉を使うそばがきが出されます。ここでそばの風味を感じてみてください。

16-06-14-11-29-49-909_photo

コシがあって香り高い十割そばには、絡みやすい上等の濃いめのそばつゆが相性よく、そばの香りを殺すことなくつゆの香りは控えめです。最初の一口はアンデス産の紅塩とすすめられます。そばの香りと甘い旨みが引き立てられ美味い。

16-06-14-11-31-05-082_photo (1)

最後にお茶請けとして「そば大福餅」がサービスされます。皮に蕎麦粉を使い、クルミ入りの白餡との相性もよく、甘すぎない味わいが魅力です。これで蕎麦三昧の940円に大満足でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です