アルプスの名水が育む艶やかさと風味豊かなそば。信州三大そば屋・駒ヶ根「丸富」

中央アルプスの伏流水の名水を求め、飯田市から移転した「丸富」。地下50mの井戸からくみ上げた駒ケ根の名水がそばの持つうま味を引き出し、どこにもない艶やかで孤高のそばを生み出しています。

戦後まもない頃の小学校をイメージした外観。赤い屋根の山小屋風でもあるそば屋とは思えないユニークさも御主人の演出。

どことなく懐かしさを感じるようなレトロな演出の店内。

しかし玄蕎麦を自家製粉した十割そばは、艶やかでほんのりとした甘味を感じる細打ち麺です。きりっとしまったコシがありみずみずしさのある美味いそば、さすが信州三大そば屋さんのひとつです。