古刹の庫裏でいただく風情ある十割そば!信州高遠遠照寺「手打十割蕎麦処 南無庵」

天下第一の桜と名にし負う信州高遠。その高遠の奥座敷、山室の郷に佇む花と歴史の法華古寺・高遠の牡丹寺「妙朝山遠照寺」はあります。弘仁11(820)年この地の最澄が薬師堂を建て創建されたと伝えられるお寺です。

2013_0601_111340-P1030174

この遠照寺の檀家婦人たちが集い、お寺の庫裡でご来山の皆様に手打ちの十割そばと、昔懐かしい郷土の味でおもてなししているのが、「十割手打蕎麦処 南無庵」なのです。

2013_0601_111005-P1030172「南無庵」は境内の右奥の庫裡にあり、靴を脱いで玄関を上がると地元のご婦人(かなりの年齢はいっておられるが)達がテーブルを囲んでいて一人のおばさんが注文を聞きにきます。まず注文する品の料金を先に払うシステムで、おすすめは十割蕎麦1000円に郷土料理香ばしい「えごまのおはぎ」がついたセット1200円を払う。ここで「高遠そば」を食べる場合は予約制とのこと。お寺の座敷で食べる蕎麦もまたいいものである。

2013_0601_103116-P1030169地元の檀家婦人が良質の国産そば粉と清冽な山室の水だけで打ち上げたコシの強い十割そばは、混じりけのない純粋なそばの旨味と甘さがしっかりと感じられ、コシが強く、のど越しもなめらかな逸品である。セットでついていたエゴマのおはぎやふき煮、煮豆、沢庵等の郷土食のほうは。お茶受けに最高であった。(やはり信州人である)

2013_0601_103738-P1030170

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です