木曽路で見つけた薮原宿にある蕎麦屋の名系譜『達磨・翁G』信州木曽「そば おぎのや」

中山道屈指の難所、鳥居峠をようよう越えた旅人が、わらじをぬいで安堵したであろう「薮原宿」に、白漆喰の塗り壁に檜皮色の千本格子、「出梁造り」に「袖うだつ」と宿場独特の建築様式を残した140年前は旅籠であった風格ある古民家を改装したのが、あのそば打ち名人・高橋邦弘氏に師事した「おぎのや」である。

16-01-08-12-05-51-482_photo

そば屋の門をくぐり、靴を脱いであがった店内には、お店の中の中央にいろりがあり、高い天井には明かり取り、階段箪笥も残っていて江戸時代の旅人が寛いだ空間を感じます。さりげなく師匠のダルマこと高橋邦弘氏の写真や本が飾られており“翁達磨グループ”のおそば屋さんなのですが、珍しく翁の名前を使っておられません。

16-01-08-12-08-31-501_photo

いろりの前に座り蕎麦をいただくのですが、基本的に蕎麦ももり汁も翁の蕎麦らしく、二八のすっきりとした綺麗で素直な細切りにカツオ風味のもり汁が絡み素直の喉を通っていきます。最後にゆず(梅の時もあり)シャーベットがサービスでいただけ至福の時間が過ごせます。ざる1枚700円で2枚が適量でおすすめとあります。1400円でこの量と思ってしまう程ですが、しっかりと 打たれたそばは、香りよし、コシあり、喉越しよしのすっかりとしたおそばです。他の翁Gより、色めが濃いように感じる。

16-07-19-12-28-59-750_photo

常時あるものの冬には鴨汁そばが最高です。

16-01-08-12-21-40-181_photo

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です