木曽路で見つけた薮原宿にある蕎麦屋の名系譜『達磨・翁G』信州木曽「そば おぎのや」

中山道屈指の難所、鳥居峠をようよう越えた旅人が、わらじをぬいで安堵したであろう「薮原宿」に、白漆喰の塗り壁に檜皮色の千本格子、「出梁造り」に「袖うだつ」と宿場独特の建築様式を残した140年前は旅籠であった風格ある古民家を改装したのが、あのそば打ち名人・高橋邦弘氏に師事した「おぎのや」である。

16-01-08-12-05-51-482_photo

そば屋の門をくぐり、靴を脱いであがった店内には、お店の中の中央にいろりがあり、高い天井には明かり取り、階段箪笥も残っていて江戸時代の旅人が寛いだ空間を感じます。さりげなく師匠のダルマこと高橋邦弘氏の写真や本が飾られており“翁達磨グループ”のおそば屋さんなのですが、珍しく翁の名前を使っておられません。

16-01-08-12-08-31-501_photo

いろりの前に座り蕎麦をいただくのですが、基本的に蕎麦ももり汁も翁の蕎麦らしく、二八のすっきりとした綺麗で素直な細切りにカツオ風味のもり汁が絡み素直の喉を通っていきます。最後にゆず(梅の時もあり)シャーベットがサービスでいただけ至福の時間が過ごせます。ざる1枚700円で2枚が適量でおすすめとあります。1400円でこの量と思ってしまう程ですが、しっかりと 打たれたそばは、香りよし、コシあり、喉越しよしのすっかりとしたおそばです。他の翁Gより、色めが濃いように感じる。

16-07-19-12-28-59-750_photo

常時あるものの冬には鴨汁そばが最高です。

16-01-08-12-21-40-181_photo

 

 

JAZZを聞きながら蕎麦をたぐる粋な店 信州軽井沢「せきれい橋 川上庵」

中軽井沢のハルニレテラス内にある「せきれい橋 川上庵」は季節毎に色を変える木々に包まれた、いわば森の中のそば処。かつて江戸庶民たちが愛した「蕎麦屋酒」は、気の利いた肴で地酒をたしなみ、そばで締めるという粋な時間の過ごし方のこと。

2014_0607_112915-P1040926

川上庵のコンセプトとする「現代版蕎麦屋酒」を豊かな自然の中で堪能することができます。

戸外の気配が感じられる広々とした店内は、浅間山の石を用いた壁面などインテリアにもこだわりが伺えます。また中軽井沢のハルニレテラス内にある店舗を囲むように配されたテラス席は、湯川のせせらぎがBGMとなって心地よい。

2014_0607_113024-P1040927

川上庵の蕎麦は挽きぐるみされた香り高く風味のある粗挽きそばには信州の日本酒がよくあいます。

2014_0607_113227-P1040928

ワキガ専用のデオドラント剤
ノアンデの口コミや最安値情報が掲載されているサイトです。
>>ノアンデの詳細を紹介

熟練の技で打つ昔ながらの100%霧下そばが味わえる 信州信濃町「手打ちそば工房 若月」

北信五岳のひとつ、黒姫山の東麓に広がる黒姫高原はうまいそばの代名詞「霧下そば」の産地です。朝夕の寒暖差が大きく、朝晩に霧が発生するような気象条件がそばの香りを強め、甘味を増し、さらに栄養価を高めるのです。加えてやせた土地というのがあり、「信濃では月と仏とおらが蕎麦」と詠まれるゆえんです。信濃町に来たら冷たい水でしめた本家本元の霧下そばを是非たべたいものです。

お隣の戸隠と比べるとその差は歴然、その味をフルに楽しむだけのそば店の絶対数が少ないのです。そんな中、確かな熟練の技でうつそば店が「手打ちそば工房 若月」です。国道18号から看板をたよりに住宅街の奥に車を走らせるちょっとわかりづらい場所にあります。

16-07-07-11-08-55-731_photo

もともと打ち方を教えるそば工房としてスタートしたのだが要望にこたえる形で出したそば店の店内はテーブル席3卓と小上がりの座敷席になります。

16-07-07-11-09-38-394_photo

店主がこだわる霧下そばは、玄そばを使う分だけ製粉した100%そば粉のみの生粉打ちで、やや細打ちでシャキッとした歯ごたえが心地よく、噛みしめた瞬間、甘味と香りが口いっぱいに広がります。一人前でもボリュームがあり、甘味のあるもり汁との相性もよい。なんといってもエッジのきいた断面に確かな技術を感じます。

16-07-07-11-22-30-390_photo因みにここの自家製漬け物は箸やすめに最高です。お土産にどうぞ!

16-07-07-11-12-41-288_photo                        2016/7/7 入店

信州上田城の近く、上田市民に愛されるそば店 信州上田「やぐら亭」

真田氏の居城として名を馳せた信州上田城が建てられたところは、昔千曲川沿いの断崖絶壁/尼ヶ淵と呼ばれていたところです。現在は川は無く県道が走り、その向かいに「やぐら亭」があります。

16-02-05-11-30-20-876_photo

広めの駐車場もり、団体客も入ることのできる人気店ですのでお昼には早めにでかけることが重要です。店内はカウンターにテーブル席、小上がり席とありますが、相席も仕方ないほど大勢 人が来られます。

上田のそば屋さんは「刀屋」「草笛」と安くて美味しくかつそばにボリュームのあるお店が多く、この「やぐら亭」も安くてボリュームのあるそば屋さんです。お隣の東御市に自家栽培のそば畑を持ち、その畑で採れたこだわりの蕎麦を挽きたて、打ちたて。茹でたてで出してくれる、信州そば切り認定のお店です。つゆは少し甘めですが細切りのコシの強い二八そばによく絡まり楽しめます。つゆをそばの上からかけるぶっかけそばが人気なのもわかります。

16-02-05-11-41-38-673_photo

おすすめは平日限定の「そば定食」です。もりそばに野菜天、サラダ、小鉢、香の物、果物がセットになって1150円はお得です。そば猪口がお吸い物のお椀のようで少し戸惑います。そば湯もトロリ系でもり汁との相性も良く美味しい。上田市民に愛されるお店です。

お茶の間感覚の本格手打ち蕎麦屋 信州松本「そば処 井川城」

住宅街の細い道沿いにポツンと建つ木造家。目立つ看板も幟もなく、ここが評判の手打ち蕎麦屋と戸惑ってしまうほどのお店です。そんな「そば処 井川城」はもともとそば道場として開いていた店のため、静かな住宅街の中にあります。

16-06-14-11-22-06-687_photo木戸を開けると正面にオープンキッチン、手前にテーブル席のある家庭的な雰囲気の店内。そこでいただくそばは、つなぎなしの上質な蕎麦粉だけで作る「十割そば」御膳粉(さらしな粉)だけで作る真っ白な「大名そば」そして二八そばと違いがわかるそば3種です。一種類だけ食べることも、二種、三種と食べれるセットがあります。

16-06-14-11-17-18-392_photo

おすすめは強い香りが美味しい十割そば。しかし最初に石臼で蕎麦の実を挽いた蕎麦粉を使うそばがきが出されます。ここでそばの風味を感じてみてください。

16-06-14-11-29-49-909_photo

コシがあって香り高い十割そばには、絡みやすい上等の濃いめのそばつゆが相性よく、そばの香りを殺すことなくつゆの香りは控えめです。最初の一口はアンデス産の紅塩とすすめられます。そばの香りと甘い旨みが引き立てられ美味い。

16-06-14-11-31-05-082_photo (1)

最後にお茶請けとして「そば大福餅」がサービスされます。皮に蕎麦粉を使い、クルミ入りの白餡との相性もよく、甘すぎない味わいが魅力です。これで蕎麦三昧の940円に大満足でした。