風流な庭園、雅な空間、小京都のような空間で旨い蕎麦を嗜む!信州岡谷「蕎麦 あきしの」

石畳の坂道を下ると右手にあずまやとつくばいが迎えてくれ、竹や楓、芍薬が緑陰を広げる閑寂な趣の庭に出る。アプローチからすでに粋なもてなしの物語が始まっています。この“仕掛け”はご主人の趣味であ茶事に負うところが大きい。味、空間、もてなし、すべてのバランスを心がけています。

2017_0129_113921-IMG_1628

住宅を少しだけ改装した心落ち着く個室のような店内で、趣のある庭を眺めつついただくことができる。

2017_0129_114031-IMG_1632

注文したのは鶏汁そばでそばを盛っている美しいざるは特別な職人さんが作ったもので素敵です。もちろん鶏つけ汁も大ぶりの鶏肉にまん丸なつみれがしっかりと入っていて、しょうゆだしに味が染みています。またここの人気メニューのひとつがかき揚げです。ねぎと小海老のかき揚げは小海老がぷりぷりです。塩で食べてみてください。

2017_0129_115458-IMG_1634

バランスということではそばとつゆとの相性も出色です。そばは八ヶ岳山麓産を丸抜きで仕入れて自家製粉。つゆは宮崎産の椎茸、利尻昆布、鰹節でだしをとり、厳選した醤油で作ったかえしを合わせています。

最後のお菓子は栗入り蒸しようかんで粋なセンスを感じます。

2017_0129_120850-IMG_1635