江戸っ子主人が馬曲に居を構える銘酒が飲めるそば屋「健生庵 山愚」信州・木島平

秘湯として名高い馬曲温泉に向かう道すがらに「健生庵 山愚」はあります。北信濃・木島平の自然に囲まれた地に相応しい風情ある小さな佇まいのそば屋です。

店主は東京・三軒茶屋の酒居酒屋・赤鬼で締めの一品として自身で打ったそばを出していたところ評判になり、馬曲の自然と山の水が素晴らしいここ木島平に店をだされました。今でも赤鬼のそばはここで打ったものが直送されています。

以前に訪れた時の居酒屋風と違って店内は改装され、掘りこたつ形式のテーブル4卓と奥にテーブル席もあり、木のぬくもりのある居心地のよい空間になっていました。

そばメニューは「手打ち十割そば」1000円と「手打ち更科そば(外2)」950円の2種類、あとは選りすぐりの地酒、銘酒(十四代は全種類)の数々と酒の肴になります。

車ですので残念ながらお酒は飲めず手打ち十割そばを注文します。香りに優れた福井産を中心に石臼挽きで自家製粉し、打ち粉に更科粉をたっぷりとまぶされているため、蕎麦湯はとろみと旨みがあります。水は庭先の地下50mからくみ上げる天然水。(このあたりは龍興寺清水といった湧水が多い)つゆには稚内産の昆布と血合いを抜いて厚削りにした贅沢な本鰹節を惜しみなく使い、薬味には安曇野産の本わさび、そば本来の甘みや風味、香りが最大限に引き立つそばがいただけます。

うっすらと緑がかったそばは、つなぎを使わない10割だが、のどごしが滑らかで、コシがあって力強いく、ほのかな甘みが鼻にぬけます。