旨いそばには、水の郷・安曇野の風景の中に味がある!信州安曇野「そば処 上條」

安曇野「禄山美術館」の近く、そば処とフォトギャラリーが併設し、熊笹が茂る庭園に清らかな水が流れる、洋館建てのお店が「そば処 上條」です。

16-11-10-12-48-56-636_photo

フランス料理のお店からそば処に生まれ変わった店内は、レストランだった頃の洋風の椅子とテーブルが今も残り、洋風モダンな空間でそばや地酒のほか、蕎麦味噌などの一品料理も味わえます。

16-11-10-13-14-35-735_photo

フレンチのシェフから転向した御主人が打つそばは細打ちでありながらコシのある喉ごしのよい二八そばです。おすすめは3つ。盛りつけのバランス、味ともに評判の「鬼おろし」は、綿実油と太白ゴマ油をブレンドして風味よく揚げた「チカ」の天ぷらと辛味の大根おろしがとてもよく合う一品。羅臼昆布と鰹節で丁寧にとったダシのつゆをかけていただきます。言わばぶっかけそばであるが味の相性が抜群です。「チカ」とは北海道風蓮湖で獲れるワカサギに似た小魚です。

「天恵そば」は温泉卵を太陽に見立て、10種類の具をのせた、これもぶっかけそばになります。

冬におすすめが「つけうま」です。刺身用の桜肉(馬肉)の入った熱いつけ汁に冷たいざるそばを漬けていただきます。そば本来の味も味わえ、馬肉のコクがしみ込んだつけ汁は旨さたっぷりです。肉も固くなく、脂身もしつこくありません。桜肉もたっぷり入っていました。

16-11-10-13-06-02-027_photo

敷地内の地下40mから湧く安曇野の名水でさらしたひと口の水そばがつき、そば本来の味・香りが楽しめます。

そば処ですが、シェフがつくるアップルパイもおすすめです。

16-11-10-12-58-37-646_photo

安曇野の清冽な水で育まれる山葵とゆとりの空間で食すそば「そば処時遊庵 あさかわ」

北アルプスの山裾がなだらかな傾斜を描いて下り、やがて犀川や穂高川にぶつかる辺りで、ひと息つくように平坦になる。安曇野はその傾斜状の扇状地で、昔から湧水と肥沃な土が田畑やわさび田を育んできたのである。

道祖神めぐりの安曇野には蕎麦屋が多く、そして観光地である。おお急ぎで蕎麦屋さん「そば処 時遊庵 あさかわ」に向かう。

2013_0822_105033-P1030528

平屋造りの建物で、主要道路からは少し奥まった場所にある時遊庵 あさかわは、建物には大町にあった築200年の庄屋屋敷の高い天井と梁、ナラやクヌギ材の柱を使い、珪藻土の土壁が醸す優しい店内に古い家具を配し、テーブルは築120年の松本の土蔵の梁を用い、ゆったりとぜいたくな空間の座敷席等、落ち着いた趣ながらも洗練されたセンスが光るそば店である。

2013_0822_111608-P1030530ここを訪れる人が郷愁を誘われるのは店内だけでなく、遊歩道のある前庭は、季節の草花や雑木、山ぶどうやアケビも植えられていて自由に散策でき、山野草が咲く庭園に面したテラス席もある。「自由に時を遊ぶ」という店名通り、心からリラックスして過ごせる時間を楽しむことのできる空間である。店の庭に咲くそばの花等を愛でながら散策路をゆっくり歩く。

2013_0822_112913-P1030532「わさびの花芽薬味好みそば」がこの時期人気でほとんどの人が注文していたが、やはり天ざる(1575円)である。作家物の器にもられた喉越しのよいそばを頂ける。ざる(840円)は山の様に盛られた蕎麦はニハのそばで細切である。蕎麦の長さが短く感じて、やはり蕎麦は長くてすするように食べるのが好きではある。

2013_0822_114828-P1030533

地酒「夜明け前」と手作り料理の後に芳醇な香りの蕎麦を味わう「そば処 さくら」

そば好きが高じて更埴の「つる忠」で修業された女将が打ち立てのそばを供してくれるお店が、伊那谷北端の静かな里山、辰野町。JR飯田線の一両電車が走る田園風景の中に露地門に「さくら」の文字がはいった暖簾がかかる「そば処 さくら」です。

2012_1104_112448-P1020685門をくぐり水打ちした石畳みを歩き、緑の葉陰が涼やかな庭を抜け建物を回り込むように、ヒノキ、杉、赤松をふんだんに使った木のぬくもりあふれる空間に入ると、店内には切り花がさりげなく飾られ、椅子のデザインや配置、照明、小物などから細やかな気配りが伝わってくる。

2012_1104_112525-P1020687土壁の落ち着いた佇まいで、木の温もり、自然の温もりを感じる、和の趣き漂う店内である。骨董や一枚板のテーブル、囲炉裏の席が真中に置かれ、窓の彼方には西駒ケ岳が一望できる。

2012_1104_113637-P1020688日差しが温かいテーブル席に着きざるそば1000円を注文する。ぜんざいにも触手がのびてセットで頼むことに。お通しでふろふき大根とわさび漬けが運ばれてきた。 わさび漬けの酒粕は地元小野酒造の銘酒「夜明け前」の酒粕である。 添えられるこのおふくろの味がまた嬉しい。そして少し時間がかかっているとのことでそばの実の雑炊もサービスしていただけることに。

2012_1104_114518-P1020699

更埴の「つる忠」で修業された女将さんのそばは細切りの丁寧な仕事ぶりがわかる石臼挽き十割の生粉打ちそばで更科系の洗練された味わいでのど越しやさしく風味も爽やかである。 そばつゆも昆布と鰹の風味が効いていて美味い。

2012_1104_120729-P1020703女将の温かみのあるもてなしと更科系のやさしい蕎麦と待ち時間をも楽しみにできる空間でゆっくりとお昼からゆっくりとした時間が過ごせるお店です。

 

達磨Gの一番弟子の練達の職人技が光る名店の味「安曇野 翁」

「翁」の名が表すように達磨グループ総帥・高橋邦弘さんから暖簾分けをゆるされた一番弟子のお店が「安曇野 翁」です。安曇野(旧池田町)のあずみ野池田クラフトパークに隣接し、白銀まばゆい北アルプス連峰と安曇野の田園風景を一望する風光明媚な高台に「安曇野 翁」は佇んでいます。

2012_1230_115520-P1020872

大天井岳や白馬鑓ヶ岳など北アルプスの美しい山容が眺められる店内へは、靴を脱いで上がります。メニューはざると田舎(各840円)おろし・かけ・鴨せいろで天ぷら等蕎麦以外はありません。後は自家製野沢菜と安曇野の地酒「大雪渓」である。

2012_1230_115824-P1020873

おすすめは「ざる」。最初にそば茶そして次にまずお盆に乗せられてそばつゆと薬味(大根おろし・白ネギ・わさび)が運ばれてきます。北アルプスの雪解け水によって生まれる安曇野特産のわさびの薫りが清冽にただよってくるのである。

そして最後にざるに盛られたそばとそば湯が運ばれてきます。 薄い翡翠色をした繊細なざるそばは太くもなく、かといって細くもなく、理想的な水分と弾力をともなった蕎麦なのです。そばつゆは「翁」系の鰹の風味が効いた少し辛めのつゆで繊細なそばに絡まり、キリッとした旨味をい引き立て一気にそばを手繰ります。

2012_1230_121007-P1020874

メニューに「そば」しかなく「そば」にこだわった、達磨グループ中の一番弟子のお店で熟練の職人技と冬の限りなく澄んだ空気と圧倒されるほどの広がりをもつ安曇野の絶景を窓越しに見ながらゆっくりとくつろげる清潔な空間は至高のひとときである。特徴があるようでない単なる「そば」を楽しむお店です。

 

飲み飽きない日本酒と手作りの酒肴に感動!信州松本「蕎麦倶楽部 佐々木」

蕎麦屋が「蕎麦倶楽部 佐々木」である。石畳が新しくなった緑町にそば処とBARが同居した個性派店である。ナマコ壁つくりの外観からは店内の雰囲気は想像できない。

2014_0322_113959-P1040468

通された100年を超す松の一枚板カウンターの席でそばをひとすすりというのもおつなものである。カウンターの前にはスコッチやウォッカが並びBARの雰囲気である。日替わりの黒板メニューも、そば屋にもバーの枠にもとらわれないオツなものばかりである。みなさん安曇野豚の生ハムを頼んでおられた。

2014_0322_113757-P1040466

日本酒も松本の美寿々酒造の「純米吟醸 美寿々」と木曽の湯川酒造店の「十五代九郎右衛門」といった銘酒が並ぶ。クラッシックやJAZZが流れる店内で美酒とともにおいしい蕎麦を楽しめるのである。

2014_0322_115503-P1040469

もりそば800円を注文する。蕎麦は石臼挽きの地粉をお店の地下水で打ち、透明感と細打ちながらも角がピンと立っているキリっとした蕎麦に仕上げてある。薫香が鼻に抜けるつゆがまた美味い。

諏訪湖の絶景が楽しめる展望そば屋「そば処 登美」信州諏訪

銘酒「真澄」で有名な宮坂醸造から霧ヶ峰に上がる道を進むと、県のサンセットポイント100選にも選定されていて、諏訪湖を中心に諏訪盆地や、遠く北アルプスや南アルプスが一望できる「立石展望公園」の近くに「そば処 登美」があります。

2015_0207_105802-P1060382

玄関で靴を脱ぎ、奥に進むと壁面いっぱいの大きな窓の下に広がる、山々に囲まれた諏訪湖の絶景が、目に飛び込んできます。夏にはこの諏訪湖で大花火大会が行われるのであるが、その時には予約で満席とのこと。

2015_0207_105946-P1060386

季節によって北海道産と八ヶ岳産のそば粉を使い分ける手打ちそばのおすすめは天ざる。天ぷらは駕籠盛りではなく綺麗に皿に盛り付けられて供されるのが特徴です。少し中細麺の蕎麦はしっかりとしたコシがあり、喉越しも蕎麦本来の味わいが感じられる。

2015_0207_111213-P1060390

おろし蕎麦も大根おろしに負けない蕎麦である。

2015_0207_111219-P1060391

突き出しで出された大根の煮付けは味がよく染みて美味でした。

お茶の間感覚の本格手打ち蕎麦屋 信州松本「そば処 井川城」

住宅街の細い道沿いにポツンと建つ木造家。目立つ看板も幟もなく、ここが評判の手打ち蕎麦屋と戸惑ってしまうほどのお店です。そんな「そば処 井川城」はもともとそば道場として開いていた店のため、静かな住宅街の中にあります。

16-06-14-11-22-06-687_photo木戸を開けると正面にオープンキッチン、手前にテーブル席のある家庭的な雰囲気の店内。そこでいただくそばは、つなぎなしの上質な蕎麦粉だけで作る「十割そば」御膳粉(さらしな粉)だけで作る真っ白な「大名そば」そして二八そばと違いがわかるそば3種です。一種類だけ食べることも、二種、三種と食べれるセットがあります。

16-06-14-11-17-18-392_photo

おすすめは強い香りが美味しい十割そば。しかし最初に石臼で蕎麦の実を挽いた蕎麦粉を使うそばがきが出されます。ここでそばの風味を感じてみてください。

16-06-14-11-29-49-909_photo

コシがあって香り高い十割そばには、絡みやすい上等の濃いめのそばつゆが相性よく、そばの香りを殺すことなくつゆの香りは控えめです。最初の一口はアンデス産の紅塩とすすめられます。そばの香りと甘い旨みが引き立てられ美味い。

16-06-14-11-31-05-082_photo (1)

最後にお茶請けとして「そば大福餅」がサービスされます。皮に蕎麦粉を使い、クルミ入りの白餡との相性もよく、甘すぎない味わいが魅力です。これで蕎麦三昧の940円に大満足でした。

モダンな店内でこだわりの蕎麦を味わう  松本「蕎 友月 SOBA DINING YU-ZUKI」

やまびこ道路で弘法山古墳を目指す並柳交差点近くに「蕎 友月」はあります。広い駐車場にこじんまりとした和風喫茶を思わせる建物の入口には、まさしく蕎麦屋のメニューが書かれた立て看板があります。植栽も含めてシックな外観も落ち着く風合いに仕上がっています。

友月2

お店の中はモダンなカフェスタイルになっていてBGMにはジャズが流れています。内装はアイボリーの壁に明るい木目調のカウンターとテーブルを配置し、チェアーはグレイと白に分けてアクセントに使っていて落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

友月1

国産石臼挽100%のそば粉、カツオ節の効いたダシ汁等食材にこだわったメニューは、せいろにつけとろ、つけ鴨、つけ豚辛との組み合わせメニューが多いがおすすめはかき揚げせいろ(1380円税別)です。車海老と野菜のかき揚げとせいろ蕎麦のセットである。せいろは信州八ヶ岳産国産石臼挽きの二八蕎麦で挽きぐるみなのに更科のように雑味がなく、中細打ちでコシがあり、のど越しがよい。

友月

こういったお店と違いある程度の量があるのがうれしい。焼きネギの輪切りと車海老のかき揚げには特別な塩が用意されているのもうれしい。注文した際、かき揚げに少し時間がかかりますと言われたが、てんぷらにこだわりがあるようで美味しい。しかしちょっとネギが多いような?

横浜一茶庵・片倉英統主催のプロコースで修行されたようだが、短期間でのこの腕前に感心したのである。

わきがクリームの最新人気ランキングを掲載
わきがでお悩みの方に参考になるサイトです。
わきがクリーム塗るだけで簡単にわきが臭を解消できる